迷惑メール
1月15日(月)
 迷惑メールは、1日のうちに何通も入ってきます。海外からのものもかなりの量になります。サーバー側でブロックしてくれるものもありますが、それでも後を絶ちません。移動式プラネタリウムの出張投影の仕事を終了してからは、不思議なことに、それらのメールは減少傾向にあります。

 つい先日のことです。海外からこの種のメールが入ってきました。添付ファイルがあったので、中身を見ることなく削除しました。しかし、そのあと、5分おきに、パソコンからアラームが鳴るようになってしまいました。記憶が定かではありませんが、メールの表題から推測して、ATMカードに関するメッセージでしょう。海外でATMカードを使用することなどありませんので、明らかに迷惑メールです。ネット上で、このトラブルの事例を調べてみましたが、該当するものがありませんでした。

 添付ファイルは、通常ではクリップのアイコンで表示されますが、このメールは、カレンダーの小さなアイコンが添付されていました。不思議に思いました。ウイルス対策ソフトで、すべてのファイルをスキャンしてみましたが、異常は見つかりませんでした。それでも、5分ごとにアラームが鳴ります。数時間ほどかけて、原因を突き止めました。メールソフトの当日のスケジュールの中に、その添付ファイルは侵入していました。メールを受信したと同時に、侵入したようです。スケジュール表から、その内容を削除したところ、アラームは鳴らなくなりました。ここまで、数時間の時間をロスしました。

 まるで、他人の家に土足で踏み込んできて、荒らしまわる行為と同じです。怒りを感じますが、どうすることもできないのが現状です。ウイルス対策用ソフトが、この1か月間でブロックした不正アクセスは、160件以上に達しています。自分のパソコンでありながらも、他人にもみられていることを常に意識して、使用することが大切だと思っています。

 個人情報などの大切なものは、なるべくパソコン上に置かないほうがよいのですが、ネットショッピングなどを利用する機会も多く、そうもいきません。パソコンを使用するということは、便利でありながらも、リスクと隣り合わせです。諸刃の剣ですね。
コスモプラネタリウム渋谷(1月11日)
1月14日(日)
 1月11日(木)の午後から、久しぶりに渋谷に出ました。私共にとっては、教え子のような存在の2名と、渋谷で待ち合わせをして、新年会を兼ねた食事会をするためです。彼らからのリクエストもあり、コスモプラネタリウム渋谷を見学することにしました。夜7時からの回です。それまでの間に、近所のカフェに入り、彼らの近況などについて、話を聞きました。

 常設プラネタリウム館の投影を見るのは、実に約10年ぶりです。私共にとっては、業界の後輩にあたる、永田美絵さんの解説の回です。事前に連絡を入れておきました。

 プラネタリウムの室内に入る前に、開場案内のアナウスがあります。肉声での案内ですが、声質もよく、案内の内容もとても分かりやすく親切なものでした。話のスピードや間の取り方も適切で、とても聞きやすいものでした。場内に入るときに、放送をしたご本人に、「とても良いアナウスですね。」とコメントしておきました。そのスタッフが、今後プラネタリウム解説者を目指すとすれば、将来がとても楽しみです。

 室内に入ると、投影機も含めた全体のカラーリングは、大人向けで、とても落ち着いたものでした。良い雰囲気でした。コニカミノルタ製の投影機が映し出す星空は、どちらかといえば星の数が控えめです。星数が多い傾向にある最近の投影機とは、少し趣が異なります。伊豆や、富士山西麓で見る星空に近いものです。ただ、天の川が少し暗めなのが残念なところです。実際の天の川は、冬でももっと濃いものです。改善の余地はあると思いました。

 永田さんの解説は、申し分ありません。柔らかく穏やかです。声質がとても良いので、聞いていて心地よいものです。唯一の欠点があるとすれば、その心地よさのために、観客の皆さまの中には、気絶される方がいらっしゃるとのことでした。都会のこのような空間で、熟睡できるとすれば、それはそれでよいのではないでしょうか。生解説にこだわる、同施設の投影ポリシーには、共感できます。これでこそ、本来のプラネタリウムの姿でしょう。

 それにしても、渋谷の街の変貌ぶりには、目を見張ります。交差点付近には、以前にもまして、外国人観光客が多いことに驚かされました。常設館も、このような投影なら、良いものだなと思いながら、帰路につきました。写真は、渋谷駅前から見た、コスモプラネタリウム渋谷のドームと、投影機です。
スター・ウォーズ(IMAX 3D テラスモール湘南 神奈川県藤沢市 1月9日)
1月10日(水)
 スター・ウォーズの最新作「最後のジェダイ」を、1月9日(火)にJR辻堂駅に直結する、テラスモール湘南のシネマコンプレックスで見てきました。IMAX 3Dのバージョンです。昨年の1月6日(金)にも、「ローグワン」を見ましたので、1年ぶりです。2016年12月27日(火)に死去した、レイア姫を演じたキャリー・フィッシャーの遺作となった作品です。年を重ねたキャリー・フィッシャーの、重厚な演技を見て感慨無量でした。

 IMAX 3Dは、大画面で高画質の映像を立体視するためのハードウエアです。立体視もとても自然で、音響のクオリティーも高いため、観客は作品に集中できます。十分に見ごたえがありました。

 移動式プラネタリウムの仕事を終了したので、時間に余裕ができたように思っていましたが、今月は、やらなくてはいけないことがとても多く、忙しい毎日です。昨日も仕事を全て終わらせてから映画を見に行くことにしました。午後9時過ぎからの上映の回を見ました。終了したのは日付が変わってからでした。バタバタしていた1日でしたが、無事に見ることができて、満足しました。

 スター・ウォーズシリーズの中に登場する、人気キャラクター「ハン・ソロ」が、スピンオフ映画として、今年6月下旬から公開になるそうです。こちらも楽しみにしています。久しぶりに映画を見ることができてよかったです。

 テラスモール湘南のような、大型のショッピングモールに行くと、今までの仕事の習慣でしょうか。無意識に搬入口を探したり、天井の高さをチェックしたり、床の材質をチェックしたりしてしまいます。・・・あと半年もすれば、そのような習慣も忘れてしまうのでしょうね。
情報交換会(埼玉県さいたま市 1月6日)
1月7日(日)
 飛騨天文台(京都大学大学院理学研究科附属天文台)で、4年前に行った観測研究のメンバー(Hα太陽望遠鏡の特性を調査することが目的でした。)が集まって、1月6日(土)に情報交換会を開きました。メンバー全員が集まるのは、一昨年の12月11日(日)以来のことです。

 ふだんはメールで情報交換を行っていますが、久しぶりにお会いするといろいろな話ができます。それぞれが、話をする内容などをまとめて、メンバーの前で発表したり、機器を利用してデモを行ったりと、集まる人数は少ないのですが、密度の濃い充実した時間となりました。私共は、昨年8月に、アメリカのアイダホ州で見た、皆既日食の状況について報告をさせていただきました。

 夜は、場所を変えて新年会です。いつものお蕎麦屋さんで行われました。料理もおいしいものですが、それ以上に、皆さんの話の中から、たくさんの情報を得ることができて、とても刺激されました。大変有意義な1日でした。それにしても、メンバーの博識ぶりには、毎年驚かされてばかりです。最近の傾向として、お会いすると必ず出てくるのが、これからどのように健康を維持し、充実した生活を送っていくかということです。皆それぞれ年を取ったということでしょうか。
2018年を想う
1月3日(水)
 明けましておめでとうございます。今年も私共のホームページを、どうぞよろしくお願い致します。

 プラネタリウムの仕事にかかわるようになってから、今年で46年目に入ります。移動式プラネタリウムの出張投影の仕事は、昨年の12月で終了しました。あとは、関市まなびセンターでの投影を残すのみです。しばらくは、同施設での投影の仕事に集中したいと思っています。ただ、次年度以降どうなるかは、施設次第です。公共施設ですので、予算が認可されればという条件が付きます。

 移動式プラネタリウムの出張投影を終了してから、その空いた時間を利用して、今まで以上に、手書きイラストに集中するようになりました。そのほかの時間は、体を鍛えるために使っています。近くの公共施設において、卓球の練習を継続するつもりです。出かける予定のない日は、朝、太陽を観測して、それからイラスト制作、卓球、そして、新月期になると、天体写真撮影、というパターンが、今後数年間の日々の過ごし方になるでしょう。

 この正月、横浜は、とても穏やかで快晴の良い天気が続いています。このようなコントラストの良い青空を見るたび、最近では、昨年8月に、アイダホ州で見た皆既日食当日のことを思い出すようになりました。あの日の空の青さは、日本ではまず経験できないような、透明度の極めて高いものでした。

 1月1日(月)の日から、イラストの制作に取り組んでいます。2日(火)、3日(水)は、箱根駅伝を見ながらの制作でした。「陸王」の影響でしょうか。今年は、最初から最後まで、中継を熱心に見てしまいました。

 1月2日は、スーパームーンでした。今年の満月の中では、見かけの大きさが最も大きくなります。スーパームーンは、もともと天文の世界で使用されていた言葉ではありませんが、近年、一般的に使用されるようになってきました。厳密には、1月2日の午前7時前です。また、満月は午前11時24分です。

 そして今月は、もう一度満月が訪れます。1月31日(水)です。1か月に2度目の満月は、ブルームーンと呼ばれています。さらにこの日は、皆既月食のある日でもあります。2015年4月4日(土)の皆既月食以来、約3年ぶりです。今から楽しみですね。

 上記の通り、スーパームーンを撮影するには、1月1日の日付が変わって、2日の夜明け前に西に傾いた月を撮影すべきです。ただし、この時間帯、私共の住んでいる場所では、月が建物にさえぎられてしまいます。そこで、2日の夜に撮影しました。下記のとおりです。冬場の気流の状態は、このような撮影には最悪ですが、7月28日(土)の今年最遠(見かけの大きさが最小)の月と比較するため撮影しておきました。

満月(スーパームーン) 2018年1月2日19時48分 BORG125ED F6.4 EOS5D MarkU2×powermate f=1600mm ISO100 1/125sec 
6フレームコンポジット、ステライメージ8、photoshop CS6で画像処理


  過去の星雑記
  平成29年(2017)11月から12月
  平成29(2017)年7月から11月